しっかりした歯磨き、そして食べるものに注意して口臭対策する

口の臭い人は人に嫌われます。一緒にいたいとは思いませんし、会話をすることでその人が口を開けることによる臭いは最悪なのです。しかもその人と会話をしてつばが自分の顔に飛んできたとなればもう一緒にいることがはできなくなるのです。学生たちの間では口臭が原因でいじめに遭ってしまうことも少なくありません。いずれにしても他の人にとってよくないことなので口の臭いに関しては敏感であり、もし自分の口が臭いということであれば、対策をすることはとても大切なことなのです。

口臭の問題を抱えているのであれば、まずできることは歯磨きです。1日1回磨けばそれでいいとは考えないようにします。できるならばいつも歯ブラシを持参して、食事をした後にはすぐに歯を磨く習慣をつけます。その際には歯だけを磨くのではなく歯ぐきや舌なども磨くようにして徹底的に臭いになるようなところを落とすようにすることができます。

そのようにすることで口の中が気持ちよくなりますし、周囲の人にも自分が気にしているということをアピールすることになるのです。歯磨き粉はできるだけミント系で香りの良いものを選ぶことができるでしょう。とはいえ、どうしても出先であり、食事の場所が歯磨きのできないところということもありますので、そのようなときにはお口エチケットとしてのガムなどを噛むようにできます。

それから口臭予防として、できるだけ臭いもの、臭うものを避ける食事にすることができます。にんにくはとてもおいしいですが、においがきついので嫌がられますし、魚も臭いが気になることがあります。外出前にそのようなものを食べることで臭いを発するとしたらそれはあまりよいものではありません。

食べるものに気をつけてできるだけヘルシーな野菜料理を中心に食べることは口臭の予防にも効果的です。それでできることから始めていき、少しでもその臭いが収まるように努力していくことができますし、信頼できる友人に自分の口の臭いがどうかを尋ねることができるかもしれません。