老人介護施設で取り組んでいる高齢者の口臭対策

特別養護老人ホームで利用者の世話を行っていますが、利用者によっては口臭が酷く治すために何か出来ないかと対策を練っています。まず、口臭を治すためにどうすればいいかを歯科衛生士の意見を聞いています。やはり、口臭対策で重要なのが口腔ケアでありこれが一番確実な口臭対策とのことです。口臭を治すためには歯の定期検診を受けることが重要であるとのことで、週1回の定期検診を行っています。また、口臭の原因は様々であり治す方法、予防するための対策も違ってくるとのことです。

口臭対策の一つとして食事を見直すということもあります。ニンニクのような口臭を起こしやすいものは極力控えています。逆に、ウーロン茶には殺菌作用もあり虫歯対策にもなりウーロン茶内の成分が殺菌作用もあるため虫歯を治すのにも良いとのことです。よく噛んで食べることが口臭を少なくさせるとのことで、これも対策の一つとのことです。

口腔ケアの後に、口腔内を掃除するためのウエットティッシュを使うことでも虫歯を治す効果もあり嫌なにおいを予防できる対策の一つです。この口腔用ウエットティッシュは歯磨きシートなどと呼ばれており、虫歯を治す、予防対策ができると考えられます。口腔内の残りカスを清潔にすることにより、肺炎対策にもなり、口臭対策にもなります。虫歯を治すための道具の一つとして期待できます。ウェットティッシュにはミントの臭いが付いているものもあり、すぐに治すにはと考えたいときにも使えます。

口腔内に何らかの異常があると口臭が発生しやすいとのことです。歯周病や歯茎、歯肉に何らかの異常があると発生しやすく、速やかな対策と治すことを考える必要があります。治すには、やはり歯科医に相談して治すのがベストだと思います。虫歯があれば治すようにしてもらい、虫歯を作らないための対策を聞いておく必要があります。口臭は主に、歯周病、虫歯で発生するとのことなので対策としては、これらを優先的に治すことが求められます。