口臭の原因とその対策

口臭がきついと相手にとって良い印象を与えません。そしてそれを直接指摘される事も少ない為、本人が気づかないうちに嫌な思いをさせてしまっている事があります。ちゃんと歯を磨いているのに消えない口臭はどうすれば解消されるのでしょうか。

日本人のほぼ9割以上の人が毎日歯を磨いていると答えています。しかし口臭の原因となる歯周病を持っている人、もしくは歯周病の予備軍と思われる人を合計すると、日本人の8割近くが当てはまるという統計もあります。毎日歯を磨いているのにどうして口臭はおきてしまうのでしょうか。

一つ目の要因として、歯を磨いてはいるがしっかりと磨けていないという事が考えられます。口臭の原因となる食べかすなどのプラークと呼ばれる物は歯と歯茎の間や歯と歯の間に溜まります。それらをブラッシングで確実に除去できていないと口臭の発生源になります。ブラッシングの方法を見直すと改善できることがほとんどです。

口臭の二つ目の要因として、唾液量の減少などがあげられます。口と中は唾液で常に湿っており、その唾液に含まれる成分で口臭の元となる細菌などをやっつける働きがあります。しかし不規則な生活や偏食、暴飲暴食などで身体機能が低下してしまうと唾液の量が減少してしまいます。そうすると口の中を浄化してくれていた唾液の分泌量が減り、口臭に繋がってしまいます。口を開けたままにしてしまう癖があったり、いびきをかく人にも同じことが言えます。

三つ目の原因が臭いの強い物を食べるという事です。にんにくなどの臭いの強い物を食べると、胃の中に食べ物が治まっていても臭いだけ胃から逆流し、口臭の原因となります。対策としては胃の中にも作用する口臭対策の食べ物などがあり、効果的に使用する事が重要です。
このように口臭といっても原因には様々なものがあり、それぞれ違う対策が必要になってきます。まず、自分がどれに当てはまるかを考えそれに合った対策を講じることが先決です。

みなさんも相手に嫌な思いをされる前に口臭対策を行ってみてはいかがでしょうか。