自分の口臭が大丈夫なのか気になりますよね

仕事や日常で人と話すとき、口臭が気になるという方は多いですよね。実は、臭いを気にしすぎて人前で話したり、人と会ったりすることが怖くなってしまう、自臭症という心の病にかかってしまう人もいらっしゃるそうです。何事も、気にしすぎは良くないということです。
 
とはいえ、臭いというのは自分ではよく分からないだけに気になります。もし、臭いが心配という方はこんな方法を試してみてはいかがでしょうか。
一番最初にすることはまず、自分の臭いを知ることです。マスクをしたり、口に手を当てたりして、まずは自分の臭いを嗅いでみましょう。もし臭いかも、と思った人は口臭チェッカーなどで数値を確かめてみるのも良いかもしれません。自分では気になっても、他人はそこまで気にしていないことは良くあります。数値を見て、治療した方が良いのかどうか確認するのは大切です。
 
次にすることは、自分の今の状態を確認することです。女性はホルモンバランスの違いで、臭いに敏感になってしまう場合も多いです。また朝一番、何も食べていない状態で測ると誰でも数値が高くなってしまいます。前日にアルコールを飲んでないか、臭いのきついものを食べてないかも思い出してみましょう。

心当たりはないのに口が臭うという方は、実は虫歯や歯周病がある場合もあります。自分では大丈夫と思っていても、歯医者に行ってチェックしてみると良いかもしれません。虫歯も口臭も一気にまとめて治してしまいましょう。
 
虫歯などはないという方でも、便秘がちだったり、無理なダイエットをしていると臭うこともあります。ヨーグルトや乳酸菌などをとってお腹の調子を整えると、臭いが気にならなくなるものです。それでも臭う方は、何らかの病気を抱えている可能性もあります。健康診断の数値は正常でしょうか。呼吸器や胃などに問題は抱えていませんか。一度、病院で相談してみてください。
 
口臭は誰でも多少あるものです。あまり気にしすぎずに、正常範囲内なら「自分の個性だ」と思い、コンプレックスにならないように笑い飛ばしてしまいましょう。”