口臭が続く時は病気のサインの可能性もあります

口臭は一般的にはお口の中のケア不足が原因であることが多いです。でも、お口をきれいにしても治らずにずーっと続く場合には病気のサインかもしれないので注意が必要です。

胃の不調が原因ならば、胃潰瘍や慢性の胃炎が考えられます。食べたものがきちんと消化されないので、腐敗したような臭いが口からしてくることがあります。
次が意外ですが、肝臓の病気です。肝臓が上手く機能していないと、たんぱく質なやアルコールなどが上手く分解できなくなってしまい、口臭が起きてきます。かなりきつい臭いのこともあります。肝臓が悪いと口からだけでなく体臭もするようになります。肝炎や肝硬変などの重大な病気も考えられます。

また、呼吸器に何らかの疾患があっても、口から臭いがしてしまいます。痰や膿が臭いの原因です。呼吸器は息を絶えずしているので、臭いが特に感じられやすいですね。

それから、糖尿病も口から臭いが出やすい病気なんです。体全体からの体臭になってしまうこともあります。その原因はなにかというと、ケトン体というものなのです。ケトン体とは、体の脂肪が分解されて後に生じる物質です。本来ならブドウ糖が分解されてエネルギーになるべきところを、インスリンが足りないために、脂肪を分解せざるを得なくなってしまうのです。その結果、ケトン体という廃棄物が出てくるのです。

そして、内臓以外では鼻の病気も考えられます。蓄膿症です。鼻の副鼻腔が膿んでしまう病気で、患者数はかなり多いです。はじめは普通の風邪やアレルギーから始まることもあります。鼻の膿の臭いが口からしてくるようになったり、本人が膿の臭いで不愉快な思いをすることにもなります。

口臭は早く消してしまうことばかりを考えがちです。でも、あまり長く続く場合は落ち着いてまずは歯医者さんに行くことと、健康診断を受けて体全体のチェックをしましょう。考えてもいない病気が潜んでいることを教えてくれているかもしれないのです。”