口の臭いは解決できる手段がたくさんあります 

口臭は、女性にとって辛く、悩みのもとになりがちです。でも、口臭は治療や生活習慣の改善や、その他の努力次第でも改善することができます。口の臭いの原因は、人によっていろいろなものがあります。例えば、虫歯も口の臭いがする原因です。虫歯があることで口臭が漂うということがあるからです。虫歯を治療する、あるいは抜歯するということから、臭いがなくなるということもあります。

歯科治療分野で口の臭いが改善されるケースが、非常に多いです。歯科領域が原因ではなかったときは、口臭外来の診察を受けることでも、一気に改善することもあります。例えば、胃がが悪くなっていて、それが原因で口から臭いが出ているかのように感じることもあるからです。その他にも何らかの病で、口の臭いがするということがあります。どこからきているのか、原因を突き止めることができる診療科です。原因が分かったら治療もできるので、根本的な改善ができます。

虫歯に関しては、親知らずが口の悪臭のもとだった、ということも多いです。親知らずが斜めに生えてしまって、抜歯をするのに、縫合と抜糸が必要になる、という方向になるとためらってしまい、そのまま長年放置してしまう人も多いです。こういった状態が長年続くと、斜めに生えているため、虫歯が促進されやすい環境が整っているので、あっという間に酷い虫歯になってしまいます。そうすると、臭いの原因となるので、早めの抜糸治療をした方がいいでしょう。

舌苔も口臭の原因とされています。舌に付着している苔状の垢のようなものです。悪臭の元とされているので舌苔のケア用品も、かなり売れています。舌苔専用タブレットや、舌苔専用ブラシもあります。舌苔専用ブラシは、歯磨きと違い、ブラシが非常に繊細で柔らかいので、舌を痛めずに優しく汚れを落とすことができるので、臭いも取ることができます。

舌苔は、舌癌の原因にもなりうるという研究結果が、岡山大学でされました。舌苔から、アセトアルデヒド濃度というものが高まり、それが舌癌の原因になるリスクが上がるということです。舌苔ケアをすれば、癌のリスクも下がり口の臭いも取れます。