口臭対策 一覧

自宅で出来る口臭防止のための対策

口臭が気になっている方は、歯周病対策を行ってみると効果を感じることができます。口臭が酷いと、人会った時に、どのように思われるのか気になったりします。臭いが過度に気になってくると、人と話すときにも口を抑えてしまったり、大きな声で笑うことができなくなるでしょう。こんな悩みを感じている場合でも、歯周病対策を行うことで悩みを解決することができます。

口臭対策として、歯周病をケアすることができる歯磨き粉を使ってみると臭いに悩むことも少なくなってくるでしょう。歯磨き粉の中には、殺菌効果があったり抗炎症作用のあるものもあり、使うことで歯茎の状態を改善できるようになるのです。歯茎の腫れや膿みを改善することで、臭いだけではなく口のネバネバに悩まされることがなくなってくるでしょう。

また、対策法として、マウスウォッシュを使うことも効果的になってきます。マウスウォッシュを使うことで、口内の細菌を殺菌することができ、臭いを元から断ち切ることが可能になってきます。マウスウォッシュというと、辛いというイメージがありますが、ノンアルコールのものを購入することで、辛い思いをすることなく使っていくことができるのです。辛さを感じることがなければ、使った時にしっかりと口内に液を行き渡らせることができ、殺菌効果を得られるようになるでしょう。

口臭は、いつものケアで解消することができますが、基本は、細かい部分まで歯磨きを行うことが重要となってきます。歯磨きすることで、歯の細かい部分に付着してしまった汚れも、しっかりと落せるようになるのです。毎日細かく歯磨きすることで、歯石の付着を防止できるようになり、爽やかな息を維持することができるでしょう。歯磨きするときにはブラシを使うだけではなく、専用のフロスを使ってケアすることで、歯の間の汚れも綺麗に取り除くことができます。歯ブラシだけではなく、色々なアイテムを使ってケアを実行してみるとよいでしょう。


しっかりした歯磨き、そして食べるものに注意して口臭対策する

口の臭い人は人に嫌われます。一緒にいたいとは思いませんし、会話をすることでその人が口を開けることによる臭いは最悪なのです。しかもその人と会話をしてつばが自分の顔に飛んできたとなればもう一緒にいることがはできなくなるのです。学生たちの間では口臭が原因でいじめに遭ってしまうことも少なくありません。いずれにしても他の人にとってよくないことなので口の臭いに関しては敏感であり、もし自分の口が臭いということであれば、対策をすることはとても大切なことなのです。

口臭の問題を抱えているのであれば、まずできることは歯磨きです。1日1回磨けばそれでいいとは考えないようにします。できるならばいつも歯ブラシを持参して、食事をした後にはすぐに歯を磨く習慣をつけます。その際には歯だけを磨くのではなく歯ぐきや舌なども磨くようにして徹底的に臭いになるようなところを落とすようにすることができます。

そのようにすることで口の中が気持ちよくなりますし、周囲の人にも自分が気にしているということをアピールすることになるのです。歯磨き粉はできるだけミント系で香りの良いものを選ぶことができるでしょう。とはいえ、どうしても出先であり、食事の場所が歯磨きのできないところということもありますので、そのようなときにはお口エチケットとしてのガムなどを噛むようにできます。

それから口臭予防として、できるだけ臭いもの、臭うものを避ける食事にすることができます。にんにくはとてもおいしいですが、においがきついので嫌がられますし、魚も臭いが気になることがあります。外出前にそのようなものを食べることで臭いを発するとしたらそれはあまりよいものではありません。

食べるものに気をつけてできるだけヘルシーな野菜料理を中心に食べることは口臭の予防にも効果的です。それでできることから始めていき、少しでもその臭いが収まるように努力していくことができますし、信頼できる友人に自分の口の臭いがどうかを尋ねることができるかもしれません。


息子から言われた一言にショックを受けた出来事です

実は私、人生を30年以上経過するまで深く口臭について考えたことがありませんでした。というよりも自分には口臭は無いものと思って生きてきましたので、日常の歯磨きをやるくらいで他は特に何かをするということは無かったんですよね。

でもそれによって何か不利益を被ったということもありませんでしたし、私としてはそういうものだと思っていたんです。しかし、私の脳天をズガンと打ち抜くような一言を、私の世界で最も愛する息子から言われた時は息が止まるかと思ったのを覚えています。

あれは息子が幼稚園に上がる前でしたので、確か3歳か4歳の頃だったと思います。わんぱく盛りだった息子は、部屋を散らかしたり言うことを聞かなかったりと散々な生活態度を取っていました。

親としてこれを看過することは当然できませんので、その都度きつく叱ったりはしていました。しかし可愛さの方が勝ってしまい、親失格とは思いますが雷を落とすまでは出来なかったんですよね。今思えば、叱っていたというよりは注意をしていた程度だったと思います。

しかしこうした生活をしばらく続けていた時のことです。姉一家が久々に我が家に遊びに来るということで、私は家の中を熱心に掃除していました。その矢先、息子が部屋中におもちゃをばら撒き始めたのです。後から聞いたところ、いとこが遊びに来るということで一緒に遊べるようにおもちゃをばら撒いていたとのことでしたが、当時はそんなことは知りません。

せっかく掃除をしたのに散らかしていく息子を見て、姉一家が遊びに来る時間まで僅かしかない焦りから始めて息子に雷を落としました。
初めて落とされた雷によって息子は大泣きをしてしまったのですが、その瞬間に後悔の念と仏心の出てしまった私。息子を抱きしめながら、きちんと怒った理由を説明しフォローをしたのです。

そんな私の様子に安堵したのか、息子は泣き止み謝ってきたのです。普通であればこれで一件落着なのですが、次の瞬間息子からの一言が。
「ママ、お口臭いよ」
ショックでした。仕返しから言っているわけではないことは一目瞭然だったからです。その日以来、私は自分の口臭に気を付けるようにしました。


歯間ブラシは非常に有効な手段です

以前、ある時期に自分の口臭が気になったことがあります。特に周りから指摘されるようなことはなく、会話中にいやな顔をされるというようなこともありません。ですが、時折明らかに自分の口元からニオイが発散される瞬間があるのです。自分なりに原因を考えてみましたが、ニンニクのような口臭の原因となるような食べ物は食べていないません。また、口臭の原因としてよく言われるような胃腸の調子の悪さも、特に感じられません。なのに時折匂うのです。

そんな悩みを抱えながら生活していたある日のこと。とある雑誌で、「口臭の原因として歯そのもののニオイが挙げられる」的な記述をを見かけました。記載されている特徴を見てみても何から何まで自分に当てはまっており、これはもう間違いないと確信しました。とはいえ、歯磨きは毎食後しっかりと磨いているつもりで、この時点ではまだ半信半疑だったかもしれません。

しかしちょっと待ってください。よくよく考えてみると、歯の表面に関してはしっかりと磨いていたつもりでも、歯と歯の間はそれほど磨けていないのかもしれません。そこで、歯間ブラシを購入し、使用してみたところ、これに抜群の効果があったのです。

まず、歯間ブラシを使用してみると、思っている以上に、食べ物のカスが残っていることに驚かされます(というかショックです)。しかも、普段刺激していないせいか、出血が止まらないのです。いかに磨けていないかをまざまざと実感させられ、なんだかテンションが下がってしまいました。そして、歯間ブラシをかけた後にブラシの部分を匂って見た時についに、匂いの元にたどり着いたのです。今まで時折匂っていたあの口臭そのものがブラシから発せられていて、犯人を暴いた名探偵になったかのような瞬間でした。

以来、定期的に歯間ブラシをかけるようにし、また歯医者さんにも通うようになったことで、悩みからは完全に開放されました。かけがえのない大切な歯ですから、ちょっとした変化も見逃さないよう、日ごろからメンテナンスをしておく必要性に気づかされた、今となっては良い体験です。


口臭の原因には様々な理由がありますが

“口臭の原因というのは色々ありまして、これへの対処法は実に簡単です。その多くは食べ物が原因なんですね。全体からしますと約8割以上はそれが原因だと思われます。まずこれを食べない様にするというのも一つの解決法ですが、それ以外には食べた後に別の飲み物を飲むことによって相殺するという方法もあります。

最も知られているのはニンニクを食べた後に牛乳を飲むというものです。ニンニクが含まれている食品には様々なものがありますが、代表的なものとして餃子があると思います。これを食べた後に牛乳を飲むようにするとその脂肪分などの影響で不思議な事にニオイが抑えられるのです。ニンニク以外でも牛乳というのは大体聞きますので、意識して飲むようにしておくと良いでしょう。ちなみに、なるべく早く飲んだほうが良いのですが、そうそう牛乳がおいてあるという訳でもないと思うので、数時間後でも構わないので飲むようにしておいてください。

その他口臭の原因となるのは虫歯だったりします。それ自体が臭うというよりは、その虫歯の穴の中に食べ物のカスなどが詰まってしまう事が多いですね。この場合は歯磨きなどをするとそれらが取れますので、ほぼ気にしなくても良いレベルになると思います。ただ一々歯磨きをするのが面倒くさいというような場合でしたら歯医者さんで処置してもらうのもいいでしょう。どうしても歯磨きしたり歯医者さんに行く時間がないのであれば、緑茶を飲んでおくのがオススメです。

口臭予防には緑茶というのは昔から言われている事でして、科学的にも殺菌効果があると証明されています。とりあえずの応急処置として濃い目の緑茶を飲んでおくというのも効果があると思います。口臭への対処法は以上のものが主なものですので、その時々の状況で自分に合ったものを選んでおくと良いでしょう。ただ、余程のものでなければ相手には臭わないものなんですけどね。誰でも多少の口臭はあると割り切って普通に過ごすのもアリだと思います。”


口臭はお口のケアと胃腸を整えることが大切です

おしゃべりをしていて、ふと相手の口臭が気になることがあります。本人は気づいていないのでなかなか指摘するのも難しいです。また、自分自身もそういう思いを相手にさせている可能性もあります。

口臭は日頃のお口のお手入れをきちんとしていないことで起こりやすいのです。つまり歯のお手入れを毎日ちゃんとすることが基本になります。
歯磨きをざっとしただけではお口の中はきれいにはなりません。スッキリしたと思っても、複雑なお口の中はまだまだ食べ物のカスがたくさん残っているのです。それを放っておくと細菌が繁殖して口臭の原因となります。

歯と歯の間は歯ブラシではきれいにしにくいので、糸ようじやデンタルフロスでお掃除です。どちらかというとフロスの方が奥歯の間までケアが出来てオススメです。30~40センチのフロスの端を両手の指に巻き付けて歯の間に入れて下さい。この時、無理やり入れて歯茎を傷つけないように注意です。このケアで食べ物の残りカスを取るだけで、ずいぶんとお口の衛生度は高くなります。

また、もう一つの原因は胃腸が弱っていることです。食べ物が胃でしっかり消化が出来ないために臭いが出るのです。胃や腸は心の状態とも密接な関係があるので、日々のストレスの対策も考えた方が良いことになります。ストレスで自律神経が弱ってしまうと、消化吸収も上手くいかなくなってしまいます。

胃腸が弱っている時はアルコールも控えた方が良いです。辛すぎるものやラーメンなどのボリュームのあるものも胃の負担になりやすいので食べ過ぎないように気を付けましょう。
また、空腹時になると胃がシクシクするという場合は、温かいミルクなどを飲んで胃に幕を作ってあげるようにしましょう。

夜間の寝ている時間に細菌は繁殖しやすいので、夜寝る前の歯のお手入れは特に丁寧にして下さい。テレビを見ながら15分くらいゆっくり磨くのも良いようです。
お口の臭いはきちんとケアをしていたら、あまり神経質に気にし過ぎないことも大事です。


口臭によるコンプレックスを無くすコツ

口臭が起こる原因としては加齢によって特有の臭いが出たり、歯周病などの病的な原因から発生する事もあります。歯周病の場合、性別に関係なく起こりやすい病気ですので、日頃から歯の磨き方を工夫したり、口の中を清潔にしておく事を心掛ける事でコンプレックスにならない場合が多いです。

歯周病の場合は口の中に多くの雑菌が繁殖して、歯茎に炎症が起こることで病気を引き起こします。歯周病になって口臭のコンプレックスを抱えている女性も多いので、病気にならない前の正しい歯磨きを心掛けるなどの対策が重要です。病気になった事を感じたら一刻も早く歯科医に口の中の状態を見せてもらって、医学の療法でコンプレックスを解消していく事が基本です。

加齢臭としての口臭は肥満の状態で起こったり、胃腸などの消化器官に関連した病気で臭いが発生していたり、単に衛生に気をつけていないなどの原因で起こります。優先して行う対策としては、殺菌の能力が高いアルコールの成分が入ったケアの用品を使って、口内を清潔する事です。雑菌は口の中で常に繁殖していて、歯の付け根などに付着して炎症を引き起こす事が特徴です。清潔の対策は誰にでも出来る行動ですので、ケアの用品を使って清潔に保つ努力をします。

肥満の状態であれば、痩せている人よりも臭いが体内に充満しやすいので、痩せる事を意識して徐々に肥満を解消します。衛生に心掛けても臭いが改善しない場合や歯の病気が臭いの原因でない事が分かった場合、胃腸などの消化器官に原因があります。胃腸の状態を確認する為に胃カメラを撮ってもらったり、腸の状態を内視鏡で調べてもらう対策を心掛けます。

口臭のコンプレックスは、口内を始めとして体の内面から改善する努力を行わないと解消されないです。衛生さを保ったり、歯茎や消化器の状態の確認をするために病院の医師と相談する方法も良いです。1人だけで解決するばかりではなくて、同じ悩みで悩んでいる人の話を聞く事も解決の糸口になります。


本気で取り組み始めた口臭への対策

口臭を感じる瞬間は結構ありました。たとえば、寝起きやコーヒーを飲んだ後、空腹時などは、自分でも分かるくらいの臭いとなっていたので、本気で対策を考えてみることにしました。まず対策したのはコーヒーです。

コーヒーを飲むのは朝食時と昼食時、そして仕事が終わった後の3回です。それぞれ1杯ずつなので、決して飲み過ぎていることはないと思います。しかし、それでも臭いを感じることがあるということで、朝食時のみにしました。また、これまでは朝食前に歯磨きをしていましたが、朝食後にすることで、コーヒーによる臭いは思っていたよりも改善しています。

空腹の際は、職場で昼食の時間が決まっているので、それまでは食べることができません。ですから、対策は難しいと思っていました。しかし、閃いたのが朝食を多めに食べることです。朝はあまり食が進まないタイプでしたが、しっかりと食べることによって、以前よりも昼食前の空腹感が少なくなり、空腹による口臭を軽減させることに成功しています。

寝起きについては、なかなか改善することが難しいと思っていました。寝起きに口の臭いを感じる最大の原因は、口の中が渇いてしまうことです。口の渇きは臭いに繋がるため、どうすれば渇きを防止できるか考えた結果、実践してみたのがマスクをして眠ること、寝室を加湿することです。

マスクをして眠ることも寝室を加湿することも実施したことはありませんでした。そこで、試しに安めの加湿器を購入し、さらにマスクをして眠ってみた翌朝、いつもより口の渇きは少なく、口臭も少ない実感がありました。ただし、マスクをして眠った経験はなかったので、無意識に外してしまっていたことが何度かありました。

それでも、今はマスクを付けて眠ることが習慣化しているため、外してしまうことはほとんどありません。口臭の改善はかなり難しいことだと思い込んでいました。しかし、対策を継続することで効果が出ると分かったので、今後も継続したいです。


簡単な方法で口臭は抑えられます

口臭がキツイ人は周囲の人に少なからず迷惑をかけています。「あなた、口がクサイですよ…」とはなかなか言えるものではなく、周囲の人に我慢させているかもしれません。簡単にできる口臭を抑える方法をご紹介しますので、口のニオイが気になる人は参考にしてみてください。

1つ目は、食事の際によく噛むようにしてください。よく噛むことによって唾液が出てきます。この唾液には口の中を清潔に保ってくれる作用があるので、唾液をたくさん出すことが重要です。よく噛むことによって満腹中枢も刺激されますので、ダイエット効果が期待できます。

2つ目は、食後に歯磨きをしてください。歯と歯の間には食べ物が詰まりやすく、そのまま放置しておくと嫌なニオイの原因になります。歯磨きをすることで虫歯予防にもなりますので一石二鳥です。その際に舌の上の汚れ(舌苔)のケアもするとより効果的です。ガーゼなどで舌を優しくこすってあげると舌苔を取ることができます。

3つ目は、虫歯や歯周病の治療をしてください。虫歯を放置しておくとそこからイヤなニオイがしてくることがあります。虫歯や歯周病を放置していても自然に治ることはないので、早めに歯医者さんに行くことが賢明です。虫歯が酷くなると痛みが出てくるので、日常生活にも支障をきたします。

4つ目は、ニオイの原因になるものをなるべく食べないようにすることです。ニンニクやキムチなど、口臭の原因になる食べ物はたくさんあります。口臭は口の中からイヤなニオイが出るだけではなく、胃や肺の中からも出てくる場合があります。お酒やタバコもニオイの原因になるので、気になる方は控えた方が良さそうです。

人間誰でも少なからず口臭はあるものなので、気にしすぎるのも良くありません。口の中のケアを入念に行ったり、ニオイの原因になるものをとらないようにすることが重要です。ニオイ対策のグッズなどもあるので、上手に使って口のニオイの悩みを解決してみてはいかがでしょうか。


1 2 3