口臭の原因 一覧

口臭の原因とその対策

口臭がきついと相手にとって良い印象を与えません。そしてそれを直接指摘される事も少ない為、本人が気づかないうちに嫌な思いをさせてしまっている事があります。ちゃんと歯を磨いているのに消えない口臭はどうすれば解消されるのでしょうか。

日本人のほぼ9割以上の人が毎日歯を磨いていると答えています。しかし口臭の原因となる歯周病を持っている人、もしくは歯周病の予備軍と思われる人を合計すると、日本人の8割近くが当てはまるという統計もあります。毎日歯を磨いているのにどうして口臭はおきてしまうのでしょうか。

一つ目の要因として、歯を磨いてはいるがしっかりと磨けていないという事が考えられます。口臭の原因となる食べかすなどのプラークと呼ばれる物は歯と歯茎の間や歯と歯の間に溜まります。それらをブラッシングで確実に除去できていないと口臭の発生源になります。ブラッシングの方法を見直すと改善できることがほとんどです。

口臭の二つ目の要因として、唾液量の減少などがあげられます。口と中は唾液で常に湿っており、その唾液に含まれる成分で口臭の元となる細菌などをやっつける働きがあります。しかし不規則な生活や偏食、暴飲暴食などで身体機能が低下してしまうと唾液の量が減少してしまいます。そうすると口の中を浄化してくれていた唾液の分泌量が減り、口臭に繋がってしまいます。口を開けたままにしてしまう癖があったり、いびきをかく人にも同じことが言えます。

三つ目の原因が臭いの強い物を食べるという事です。にんにくなどの臭いの強い物を食べると、胃の中に食べ物が治まっていても臭いだけ胃から逆流し、口臭の原因となります。対策としては胃の中にも作用する口臭対策の食べ物などがあり、効果的に使用する事が重要です。
このように口臭といっても原因には様々なものがあり、それぞれ違う対策が必要になってきます。まず、自分がどれに当てはまるかを考えそれに合った対策を講じることが先決です。

みなさんも相手に嫌な思いをされる前に口臭対策を行ってみてはいかがでしょうか。


口臭に効果絶大の花の香りのサプリメント

私の悩みそれはズバリ、口臭です。体調によって、その臭いも変わるようです。胃の調子が悪い時は、まるでドブのような臭いがするのです。本人はそれほどではないと思っていても、周りが騒ぎ始めます。「何か変な臭いがする。」「下水が詰まっているのでは?」そんな会話は聞き慣れてしまいました。

ある日、ネットのクチコミで口臭を抑えるサプリメントの記事を見つけました。お試し5粒試供で500円、とあり早速注文してみました。3日後に届き、封を開けるとバラの香りがします。主成分に花のエキスとあり、バラやカモミール、ラベンダーなど30種以上の名前が列挙してありました。「これは効く。」と直感し1粒飲んでみました。すると息をする度、よい香りがするのです。祖母が面倒を見ている、いつもは寄りつかない飼い犬も、この時ばかりは尻尾を振ってじゃれてきます。犬の嗅覚は人間の1億倍はあるそうで、その犬にお墨付きをもらい、天にも昇るような嬉しさ。すぐに自慢のロスゴリ衣装に着替え、近くのターミナル駅に行きました。人通りの多い中、大きく深呼吸して口臭を振り撒きます。「あれ? 花の匂い。」とつぶやき通り過ぎる人もいます。大成功。しかしその10分後、通行人の眉間にシワが寄り始めます。近くで小さな子供が「くちゃい。」と鼻を摘まんで母親と話しています。薬の効果が切れたのです。慌ててサプリメントの表示を確認すると1粒1時間の効果と書いてありました。そこでまた一粒飲みました。するとまた心地よい花の香りがしてきます。今度は薬が切れる前に帰宅する事にしました。駅で異臭騒ぎは、さすがに起こしたくはありません。

試供品で満足の行く結果でしたので、ネットでもっと本格的に注文しようとサプリメントの会社の通販ページにアクセスすると、新製品! ご飯に掛けるふりかけタイプ登場、と大きく書いてありました。値段も期間限定の半額であったため即決で購入。3日後に届いて白いご飯に掛けてみました。花の香りに満たされます。口臭も消え、食べ物の匂いがすべて花の匂いに置き換わるので、私の苦手なレバニラも花の香りになって幸せです。”


口臭の原因になり得る2つの箇所

口臭の原因は、主に2つ考えられます。お腹の中にその原因が潜んでいるケースと、口の中というケースです。
まず前者のケースなのですが、いわゆる胃腸の中に何らかの問題点が潜んでいるケースが見られます。というのも人によっては、胃腸がやや悪くなっているケースがあるのです。

例えば最近では、ピロリ菌などの表現がよく用いられるようになりました。その菌類は、胃の中に悪い影響を及ぼしてしまう訳ですね。胃潰瘍などの原因になってしまう菌類なのですが、その影響で胃の中に悪臭になる物質が多く蓄積されてしまう場合があります。
またお腹の中にも、その老廃物が蓄積される事があります。お腹の中に潜んでいる悪玉菌によって、いわゆる老廃物が口まで届いてしまう事があるのです。
口臭でお悩みの時には、まずそれらの胃腸に関する原因を疑ってみると良いでしょう。内科などで診察を受けてみますと、思わぬ原因が見つかる可能性があります。その原因を除去しますと、悪臭が解消される事例もある訳ですね。

ところが人によっては、胃腸の問題点が解消されても、悪臭が取り除けないケースも見られます。その場合は、本当は口の中に原因が潜んでいると考えられるのですね。
口の中の原因の場合は、いわゆる歯の周辺に悪い物が蓄積されている傾向があります。例えば歯周病ですね。それは本当に無意識の内に進行しているケースが多く、歯周ポケットなどの箇所に多くの老廃物が蓄積されていると、それだけ悪い臭いを生じやすくなる訳です。

ただその場合は、歯科医院などで問題点を解決できるケースがほとんどです。口の中の臭いが気になるので病院で診察を受けた結果、思わぬ歯周病が発覚するケースは本当に多いです。それで歯周病を治したら、口臭が改善されている事例も多々見られます。

このような状況なので、口の中の臭いが気になる時には、まずは内科に行くと良いでしょう。それでもダメならば、歯科医院に行くと良いですね。二段構えでその臭いの原因を特定するのが良いと考えられます。”


口臭の悩みを抱えている女性に向けたアドバイス

世の女性達が抱えているコンプレックスの中でも結構センシティブな悩みが口臭の問題じゃないかと思うのですが、特に人前で話したりする機会の多い仕事をされている方にとっては大変なことかと思います。でもそんな悩みでもしっかりと対策を取ればかなり軽減してくれますので、正しい方法を実践すればきっとコンプレックスを解消できるものかと思います。

口臭がきつくなってしまう原因として挙げられるのがまずは口腔内の衛生状態かと思いますが、どんなにちょっとした物だったとしても食べたらデンタルフロスをかけ、その後にシュガーレスガムを噛むだけでもかなり臭いは減少してくれます。また歯を磨く時に舌も綺麗にすることがとても大事なことで、舌専門のデンタルケアグッズも販売されていますので、歯磨きと同時に舌も綺麗にすることが口臭対策になるんです。

口腔内の問題以外に胃からくる臭いというのもありまして、これは体調が良くなかったり食べ物を偏って食べたり、またはストレスによっても臭いがきつくなってくるケースがあります。ストレスを簡単に消し去ることは簡単なことではありませんが、なるべく休養をしっかりとって食生活も健康的なものに変えれば、臭いも次第に少なくなってくれるかと思います。

そしてタバコや過度な飲酒は当然口臭がきつくなる原因となりますので、なるべく控えたり止めたりすることをお薦めします。最近では禁煙外来という禁煙をする方のサポートを行なってくれるお医者さんが増えてきましたので、無理なくタバコを止めることが出来るようになったんです。タバコは歯に沈着して臭いのもとになったり、歯茎も衰えさせて臭くなりかねませんので、もしタバコを吸われている女性の方でしたらこれを機会に止めたほうが良いかと思います。
自分だけでなく人にも不快な思いをさせてしまいかねない口臭ですが、ちょっとした心がけや生活習慣の見直しによって、改善できる可能性というのは確かにあるんです。


胃の消化不良が引き起こすのが原因で口臭の原因となる

ストレスから口臭となることがありますね。この口臭は本当に厄介なものです。色々なケアグッズを使ってもその臭いを改善することができないのは、ストレスによって起こっているのです。驚くことに、人はストレスで免疫力が低下します。その低下が抗体というものを著しく低下させることにつながるのです。

そして、内蔵機能をも低下させることにもなるのです。その内蔵機能が低下することで、胃の消化不良をも引き起こします。胃が荒れることにもなり、その臭いが上がってきては、口臭の原因となってしまうのです。

その胃の消化不良は、便秘を引き起こします。その便秘は悪玉菌を増やし、それが悪臭を作る原因ともなるのです。その便秘は便がずっと出ないだけに、ますますストレスとなりますね。そのストレスは肌をも荒らします。その荒れた肌を見ると、よりストレスがかかります。

そんなストレスを解消するには、運動をしたり、趣味をやるといいでしょう。そうすることで、よりストレスが溜まりにくくなり、より内臓機能を向上させることにもつながるんです。

この口臭は、食べ物が原因で起こることもあります。ニンニクなどの臭いが強いものを食べますと、どうしても臭いが口からしますね。でも、それは、そんなには不快と感じる人が少ないのです。

ただ、腐敗臭が原因な場合の臭いは、実に不快なのです。それに卵の腐ったような臭いがする場わいがあり、それは実に不快なのです。

その腐敗のような臭いになってしまうのは、消化の速度が遅いという場わいが多いのです。消化が遅いのは肉ですね。この肉は、どうしても食物繊維というものが少ないから、どうしても消化しにくいんです。いつまでも胃に残り、その臭いが酷くなってくるんですね。

ということは、消化を早めるには食物繊維が多いものを食べればいいわけです。それが野菜なのです。それをしっかりと1日の成人が食べたい量を食べれば、その口臭を改善することができるんです。


自分の口臭が大丈夫なのか気になりますよね

仕事や日常で人と話すとき、口臭が気になるという方は多いですよね。実は、臭いを気にしすぎて人前で話したり、人と会ったりすることが怖くなってしまう、自臭症という心の病にかかってしまう人もいらっしゃるそうです。何事も、気にしすぎは良くないということです。
 
とはいえ、臭いというのは自分ではよく分からないだけに気になります。もし、臭いが心配という方はこんな方法を試してみてはいかがでしょうか。
一番最初にすることはまず、自分の臭いを知ることです。マスクをしたり、口に手を当てたりして、まずは自分の臭いを嗅いでみましょう。もし臭いかも、と思った人は口臭チェッカーなどで数値を確かめてみるのも良いかもしれません。自分では気になっても、他人はそこまで気にしていないことは良くあります。数値を見て、治療した方が良いのかどうか確認するのは大切です。
 
次にすることは、自分の今の状態を確認することです。女性はホルモンバランスの違いで、臭いに敏感になってしまう場合も多いです。また朝一番、何も食べていない状態で測ると誰でも数値が高くなってしまいます。前日にアルコールを飲んでないか、臭いのきついものを食べてないかも思い出してみましょう。

心当たりはないのに口が臭うという方は、実は虫歯や歯周病がある場合もあります。自分では大丈夫と思っていても、歯医者に行ってチェックしてみると良いかもしれません。虫歯も口臭も一気にまとめて治してしまいましょう。
 
虫歯などはないという方でも、便秘がちだったり、無理なダイエットをしていると臭うこともあります。ヨーグルトや乳酸菌などをとってお腹の調子を整えると、臭いが気にならなくなるものです。それでも臭う方は、何らかの病気を抱えている可能性もあります。健康診断の数値は正常でしょうか。呼吸器や胃などに問題は抱えていませんか。一度、病院で相談してみてください。
 
口臭は誰でも多少あるものです。あまり気にしすぎずに、正常範囲内なら「自分の個性だ」と思い、コンプレックスにならないように笑い飛ばしてしまいましょう。”


口臭が続く時は病気のサインの可能性もあります

口臭は一般的にはお口の中のケア不足が原因であることが多いです。でも、お口をきれいにしても治らずにずーっと続く場合には病気のサインかもしれないので注意が必要です。

胃の不調が原因ならば、胃潰瘍や慢性の胃炎が考えられます。食べたものがきちんと消化されないので、腐敗したような臭いが口からしてくることがあります。
次が意外ですが、肝臓の病気です。肝臓が上手く機能していないと、たんぱく質なやアルコールなどが上手く分解できなくなってしまい、口臭が起きてきます。かなりきつい臭いのこともあります。肝臓が悪いと口からだけでなく体臭もするようになります。肝炎や肝硬変などの重大な病気も考えられます。

また、呼吸器に何らかの疾患があっても、口から臭いがしてしまいます。痰や膿が臭いの原因です。呼吸器は息を絶えずしているので、臭いが特に感じられやすいですね。

それから、糖尿病も口から臭いが出やすい病気なんです。体全体からの体臭になってしまうこともあります。その原因はなにかというと、ケトン体というものなのです。ケトン体とは、体の脂肪が分解されて後に生じる物質です。本来ならブドウ糖が分解されてエネルギーになるべきところを、インスリンが足りないために、脂肪を分解せざるを得なくなってしまうのです。その結果、ケトン体という廃棄物が出てくるのです。

そして、内臓以外では鼻の病気も考えられます。蓄膿症です。鼻の副鼻腔が膿んでしまう病気で、患者数はかなり多いです。はじめは普通の風邪やアレルギーから始まることもあります。鼻の膿の臭いが口からしてくるようになったり、本人が膿の臭いで不愉快な思いをすることにもなります。

口臭は早く消してしまうことばかりを考えがちです。でも、あまり長く続く場合は落ち着いてまずは歯医者さんに行くことと、健康診断を受けて体全体のチェックをしましょう。考えてもいない病気が潜んでいることを教えてくれているかもしれないのです。”


意外と知らない口臭の原因に関して

自分の臭いが気になる、そういった方はとても多いのではないでしょうか。特に女性は身だしなみなどにも気を使いますし、自分の臭いに敏感であるという方は多いと考えられます。

そんな気になる臭いの中で、特に多くの女性が気になさっているであろう臭いがあります。それは、ずばり口臭です。しかし、意外にその口臭の原因というのはどういったものであるのか、知らないという方も少なくないのではないでしょうか。ですからそういった方々に向けて、これからいくつかの原因を解説していきたいと思います。

基本的に口臭というのは多くの場合口の中の問題から臭いが発生しています。例えばたくさん虫歯があるですとか、歯垢や歯石が歯にたくさん付着しているですとかが原因になります。その他にも歯茎の調子が悪い、口が乾いている、臭いのキツい食べ物を食べたなどそういった事も原因になります。これらの原因の中から、どれが自分にとって悪影響になってしまっているのかどうかまずは見極めましょう。そうする事で、正しい対策をたてる事が可能になってくるのではないでしょうか。

また、実は口の中以外のところでも、口臭の原因があります。それは胃です。胃から臭いがきている場合には、なかなか自分でケアをするのは難しいです。胃の調子が悪いという事ですから、病院にいってみてもらうというのが一番良いと言えるのではないでしょうか。胃の調子が良くなれば、自然と臭いについても改善されると考えられます。

もしも今自分の口の臭いが気になるという方がいれば、ここで紹介をしてきたような原因を思い浮かべてみてください。どれが自分に当てはまるのかを考えて、その原因を取り除くような治療やケアをするようになさってみてください。そうすれば、自分の口の中の臭いというのはしっかりと改善できると言えるのではないでしょうか。ここで紹介をしてきた事が、多くの悩む女性にとって参考になってくれればそれほど嬉しい事はありません。”


口臭の原因を知って対策をしよう

口臭は女性にとってはとても大きな悩みだと言えるのではないでしょうか。やはり女性というのは男性よりも身だしなみであったり臭いに気をつけたいと思うはずですから、自分の口の臭いが気になるという方が多いのも無理のない話だと言えるのではないでしょうか。口臭というのはその原因を知り、適切な対処を行う事によってしっかりと改善をする事ができます。ですからまずはその原因に関してご説明をしていきたいと思っています。きっと役に立つと思いますから、参考にするようになさってください。
口臭の原因となってしまうものは、一つではありません。複数ありますから、それらを挙げていきたいと思います。まずは虫歯は大きな原因の一つですので、あれば必ず治療をするようにしましょう。歯垢や歯石についても原因になり得ますので、定期的に歯医者に通い口の中を綺麗にしておくという事が大切になると言えるのではないでしょうか。そうすれば多くの場合には口の中の臭いというものを防ぐ事ができます。さらに、歯だけではなく歯茎というのも口の臭いの発生源になってしまいがちです。歯周病などにはしっかりと気をつけるようになさってください。
その他の原因として、実は胃の中の臭いというのも口の中の臭いに繋がる恐れがあります。胃の調子が悪かったり、胃に悪いものが残ってしまっているという場合には口の臭いの原因になるという事をしっかりと覚えておきましょう。胃が原因という場合には、病院に行かないとなかなか改善する事は難しいという事も是非覚えておくようになさってください。
口の中の臭いというのはこのように様々な要因で発生をしてしまうものになります。それぞれ原因を取り除く事ができないと、一時的な改善しか見込めませんので、その点は注意をするようになさってください。多くの女性の方にとって、口のなかの臭いの原因とその対策の方法が参考になってくださればと思っております。どうぞお役立て下さい。


口臭を防ぐための歯磨きは夜にした方が効果的

歯磨きというのは口臭と密接な関係があるのですがご存知でしょうか。あなたが何時頃に歯を磨いてるかは分りませんが、朝と夜という二択であるならば、絶対に夜の方が得だと思います。もちろん両方やれればベストなのですが、特に忙しい朝なんかはあまり歯磨きをしていられないと思うのです。そういう意味でどちらかをあえて選択するのなら夜の方がお得ですよという事なのです。

どうして夜に歯磨きをすべきなのかという答えですが、それは、夜寝ている間に口の中の細菌が繁殖しやすいからなんですね。口臭の原因の多くは雑菌の繁殖なのです。ですので夜寝る前の時点で菌をできる限り減らしておくようにすれば繁殖もある程度は防げるという事になる訳です。寝ている間に菌が繁殖するのは口の中が乾燥しやすいからというのがあります。まず第1に唾液の分泌量が劇的に少なくなってしまいます。さらにこれに加えて、就寝時には口が開きっ放しになってしまう事が多いのです。この両方がありますから、どうしても口の中が中途半端に乾燥してしまうという訳です。

この様な対策をしておけば口臭の大半は防げると思います。他の理由としましては食べ物であったり、また、個人的な体質というのもあるかも知れません。原因の多くは自分自身で突き止めることができると思うのですが、よく分らないという場合であれば病院の方まで行って診察してもらうのもいいかと思います。臭いというのは結構本人の思い過ごしという事も多いんですね。別の話ですけど、ワキガではないのにワキガだと思い込んでしまうという人たちが多いのだそうです。

今の世の中は口臭を気にするようなコマーシャルなども多いですから、その影響も大きいのかも知れません。人間も動物の一種であるという事を考慮すると、大なり小なりニオイがするというのは仕方がないところでしょう。やるだけの事をやったら後はもういいやという気持ちになるのも大切な事だったりします。


1 2