2016年01月 一覧

口臭の原因には様々な理由がありますが

“口臭の原因というのは色々ありまして、これへの対処法は実に簡単です。その多くは食べ物が原因なんですね。全体からしますと約8割以上はそれが原因だと思われます。まずこれを食べない様にするというのも一つの解決法ですが、それ以外には食べた後に別の飲み物を飲むことによって相殺するという方法もあります。

最も知られているのはニンニクを食べた後に牛乳を飲むというものです。ニンニクが含まれている食品には様々なものがありますが、代表的なものとして餃子があると思います。これを食べた後に牛乳を飲むようにするとその脂肪分などの影響で不思議な事にニオイが抑えられるのです。ニンニク以外でも牛乳というのは大体聞きますので、意識して飲むようにしておくと良いでしょう。ちなみに、なるべく早く飲んだほうが良いのですが、そうそう牛乳がおいてあるという訳でもないと思うので、数時間後でも構わないので飲むようにしておいてください。

その他口臭の原因となるのは虫歯だったりします。それ自体が臭うというよりは、その虫歯の穴の中に食べ物のカスなどが詰まってしまう事が多いですね。この場合は歯磨きなどをするとそれらが取れますので、ほぼ気にしなくても良いレベルになると思います。ただ一々歯磨きをするのが面倒くさいというような場合でしたら歯医者さんで処置してもらうのもいいでしょう。どうしても歯磨きしたり歯医者さんに行く時間がないのであれば、緑茶を飲んでおくのがオススメです。

口臭予防には緑茶というのは昔から言われている事でして、科学的にも殺菌効果があると証明されています。とりあえずの応急処置として濃い目の緑茶を飲んでおくというのも効果があると思います。口臭への対処法は以上のものが主なものですので、その時々の状況で自分に合ったものを選んでおくと良いでしょう。ただ、余程のものでなければ相手には臭わないものなんですけどね。誰でも多少の口臭はあると割り切って普通に過ごすのもアリだと思います。”


口臭はお口のケアと胃腸を整えることが大切です

おしゃべりをしていて、ふと相手の口臭が気になることがあります。本人は気づいていないのでなかなか指摘するのも難しいです。また、自分自身もそういう思いを相手にさせている可能性もあります。

口臭は日頃のお口のお手入れをきちんとしていないことで起こりやすいのです。つまり歯のお手入れを毎日ちゃんとすることが基本になります。
歯磨きをざっとしただけではお口の中はきれいにはなりません。スッキリしたと思っても、複雑なお口の中はまだまだ食べ物のカスがたくさん残っているのです。それを放っておくと細菌が繁殖して口臭の原因となります。

歯と歯の間は歯ブラシではきれいにしにくいので、糸ようじやデンタルフロスでお掃除です。どちらかというとフロスの方が奥歯の間までケアが出来てオススメです。30~40センチのフロスの端を両手の指に巻き付けて歯の間に入れて下さい。この時、無理やり入れて歯茎を傷つけないように注意です。このケアで食べ物の残りカスを取るだけで、ずいぶんとお口の衛生度は高くなります。

また、もう一つの原因は胃腸が弱っていることです。食べ物が胃でしっかり消化が出来ないために臭いが出るのです。胃や腸は心の状態とも密接な関係があるので、日々のストレスの対策も考えた方が良いことになります。ストレスで自律神経が弱ってしまうと、消化吸収も上手くいかなくなってしまいます。

胃腸が弱っている時はアルコールも控えた方が良いです。辛すぎるものやラーメンなどのボリュームのあるものも胃の負担になりやすいので食べ過ぎないように気を付けましょう。
また、空腹時になると胃がシクシクするという場合は、温かいミルクなどを飲んで胃に幕を作ってあげるようにしましょう。

夜間の寝ている時間に細菌は繁殖しやすいので、夜寝る前の歯のお手入れは特に丁寧にして下さい。テレビを見ながら15分くらいゆっくり磨くのも良いようです。
お口の臭いはきちんとケアをしていたら、あまり神経質に気にし過ぎないことも大事です。


口臭によるコンプレックスを無くすコツ

口臭が起こる原因としては加齢によって特有の臭いが出たり、歯周病などの病的な原因から発生する事もあります。歯周病の場合、性別に関係なく起こりやすい病気ですので、日頃から歯の磨き方を工夫したり、口の中を清潔にしておく事を心掛ける事でコンプレックスにならない場合が多いです。

歯周病の場合は口の中に多くの雑菌が繁殖して、歯茎に炎症が起こることで病気を引き起こします。歯周病になって口臭のコンプレックスを抱えている女性も多いので、病気にならない前の正しい歯磨きを心掛けるなどの対策が重要です。病気になった事を感じたら一刻も早く歯科医に口の中の状態を見せてもらって、医学の療法でコンプレックスを解消していく事が基本です。

加齢臭としての口臭は肥満の状態で起こったり、胃腸などの消化器官に関連した病気で臭いが発生していたり、単に衛生に気をつけていないなどの原因で起こります。優先して行う対策としては、殺菌の能力が高いアルコールの成分が入ったケアの用品を使って、口内を清潔する事です。雑菌は口の中で常に繁殖していて、歯の付け根などに付着して炎症を引き起こす事が特徴です。清潔の対策は誰にでも出来る行動ですので、ケアの用品を使って清潔に保つ努力をします。

肥満の状態であれば、痩せている人よりも臭いが体内に充満しやすいので、痩せる事を意識して徐々に肥満を解消します。衛生に心掛けても臭いが改善しない場合や歯の病気が臭いの原因でない事が分かった場合、胃腸などの消化器官に原因があります。胃腸の状態を確認する為に胃カメラを撮ってもらったり、腸の状態を内視鏡で調べてもらう対策を心掛けます。

口臭のコンプレックスは、口内を始めとして体の内面から改善する努力を行わないと解消されないです。衛生さを保ったり、歯茎や消化器の状態の確認をするために病院の医師と相談する方法も良いです。1人だけで解決するばかりではなくて、同じ悩みで悩んでいる人の話を聞く事も解決の糸口になります。


本気で取り組み始めた口臭への対策

口臭を感じる瞬間は結構ありました。たとえば、寝起きやコーヒーを飲んだ後、空腹時などは、自分でも分かるくらいの臭いとなっていたので、本気で対策を考えてみることにしました。まず対策したのはコーヒーです。

コーヒーを飲むのは朝食時と昼食時、そして仕事が終わった後の3回です。それぞれ1杯ずつなので、決して飲み過ぎていることはないと思います。しかし、それでも臭いを感じることがあるということで、朝食時のみにしました。また、これまでは朝食前に歯磨きをしていましたが、朝食後にすることで、コーヒーによる臭いは思っていたよりも改善しています。

空腹の際は、職場で昼食の時間が決まっているので、それまでは食べることができません。ですから、対策は難しいと思っていました。しかし、閃いたのが朝食を多めに食べることです。朝はあまり食が進まないタイプでしたが、しっかりと食べることによって、以前よりも昼食前の空腹感が少なくなり、空腹による口臭を軽減させることに成功しています。

寝起きについては、なかなか改善することが難しいと思っていました。寝起きに口の臭いを感じる最大の原因は、口の中が渇いてしまうことです。口の渇きは臭いに繋がるため、どうすれば渇きを防止できるか考えた結果、実践してみたのがマスクをして眠ること、寝室を加湿することです。

マスクをして眠ることも寝室を加湿することも実施したことはありませんでした。そこで、試しに安めの加湿器を購入し、さらにマスクをして眠ってみた翌朝、いつもより口の渇きは少なく、口臭も少ない実感がありました。ただし、マスクをして眠った経験はなかったので、無意識に外してしまっていたことが何度かありました。

それでも、今はマスクを付けて眠ることが習慣化しているため、外してしまうことはほとんどありません。口臭の改善はかなり難しいことだと思い込んでいました。しかし、対策を継続することで効果が出ると分かったので、今後も継続したいです。


簡単な方法で口臭は抑えられます

口臭がキツイ人は周囲の人に少なからず迷惑をかけています。「あなた、口がクサイですよ…」とはなかなか言えるものではなく、周囲の人に我慢させているかもしれません。簡単にできる口臭を抑える方法をご紹介しますので、口のニオイが気になる人は参考にしてみてください。

1つ目は、食事の際によく噛むようにしてください。よく噛むことによって唾液が出てきます。この唾液には口の中を清潔に保ってくれる作用があるので、唾液をたくさん出すことが重要です。よく噛むことによって満腹中枢も刺激されますので、ダイエット効果が期待できます。

2つ目は、食後に歯磨きをしてください。歯と歯の間には食べ物が詰まりやすく、そのまま放置しておくと嫌なニオイの原因になります。歯磨きをすることで虫歯予防にもなりますので一石二鳥です。その際に舌の上の汚れ(舌苔)のケアもするとより効果的です。ガーゼなどで舌を優しくこすってあげると舌苔を取ることができます。

3つ目は、虫歯や歯周病の治療をしてください。虫歯を放置しておくとそこからイヤなニオイがしてくることがあります。虫歯や歯周病を放置していても自然に治ることはないので、早めに歯医者さんに行くことが賢明です。虫歯が酷くなると痛みが出てくるので、日常生活にも支障をきたします。

4つ目は、ニオイの原因になるものをなるべく食べないようにすることです。ニンニクやキムチなど、口臭の原因になる食べ物はたくさんあります。口臭は口の中からイヤなニオイが出るだけではなく、胃や肺の中からも出てくる場合があります。お酒やタバコもニオイの原因になるので、気になる方は控えた方が良さそうです。

人間誰でも少なからず口臭はあるものなので、気にしすぎるのも良くありません。口の中のケアを入念に行ったり、ニオイの原因になるものをとらないようにすることが重要です。ニオイ対策のグッズなどもあるので、上手に使って口のニオイの悩みを解決してみてはいかがでしょうか。


口臭予防のためにいろいろな対策をしましょう

人の匂いが気になったとき、自分も口臭がないかと気になりますよね。やはり、女性ですからそういったお口のエチケットについては十分気をつけたいものです。それでも、気がつかないうちに口臭がしているんではないかと気になる人は、それを確かめる方法があるんです。

その方法とは、洗ってある綺麗なコップで自分の口を塞いで、息を吐くという簡単なものです。そしてすぐに口を離してにおいをかいで見てください。口臭があると、やはり匂いがあるはずです。そうなると、対策を考える必要が出てくるんです。

口臭の原因というのは、口の中が汚れているからという場合と、体の中から出てくる匂いがある場合がありますよね。口の中が汚れているなら、きちんと歯磨きをし、それから舌など歯以外の汚れも取り除くように気をつける必要があります。しかし、体の中からのにおいというのは自分ではどうしようもありません。病院に行って、調べてもらう必要があることもあるんです。

また、場面によって普段は匂わないのに、こういうときに限って匂う、という場合もあります。例えば、朝寝て起きた時というのは匂いがしやすい時なのです。口の中が粘ついたりしていることがある人は、それが口臭の原因となっています。寝起きならいいかな、と思うかもしれませんが、彼氏がいたり、友達とよく旅行に行く人は気をつける必要がありますよね。

起きてすぐに歯も磨かずに近い距離で話をするのは非常に勇気がいるはずです。ですから、起きたらすぐに匂い対策商品を使うとか、歯磨きをしてしまったほうがいいでしょう。また、お腹がすいた時にも匂うことがあります。こういった時も空腹を抑えるためにお菓子を食べるなどしながら自分で対策をするように心がけましょう。匂いは確実に相手にダメージを与えることになりますので、絶対に放置しないできちんと匂いを回りに振りまかないための予防策を考えて、必要な商品を手元においておく事がいいでしょう。


女性でも口臭がけっこう気になりますよね

ご自身ではあまり気づきにくいかもしれませんが、意外と口臭を放っている女性の方も少なくはありませんよね?私は全く問題ないと思っていらっしゃる女性の方であっても、もしかすると、けっこうな口臭があるかもしれません。

もし、あなたがヘビースモーカーであったり、喫煙後に特に何も対策をしないのでしたら、もしかすると口の中がかなりのニオイになっている可能性もあるのです。ご自身からするとあまりわからないかもしれませんが、他の人からすれば、意外と口の中からニオイを放っているかもしれません。

そのために、できれば日頃からしっかりと口臭の対策を施しておきたいですよね?口の中から悪臭を出さないように、タバコを吸った後であれば、十分なニオイ対策をしたり、虫歯をそのまま放置していたとすれば、やがて、口臭の原因となってしまう可能性が高く、なるべく早い段階で治療を行っていくのがいいと思います。

思ってもいなかったことで、口から悪臭を出している可能性も捨てきれませんし、できるだけ毎日しっかりと対策を考えるのがオススメです。今ではたくさんのグッズが登場していますし、すぐに手に入れることができるために、すごく対策もしやすいのです。

たくさんの方々が対策をやっていますし、あなたも今日からニオイをよくチェックしてみませんか?ちょっとでも対策を行うことで、ニオイでお困りになることも減っていくはずです。人はなかなか指摘してくれませんし、そこはご自身でうまく対策をしていくのがいいでしょう。口から悪いニオイを出すというコンプレックスをなくせるように、十分な対策をしていきましょう。喫煙や缶コーヒーなどはできるだけ控え、あなたもニオイに敏感になることをオススメします。

そうするこによって、毎日を充実した良い一日を過ごせることができると思います。それはなかなか大変かもしれないのですが、少しでも対策をすることで全く変わってきます。あなたも今日からニオイに敏感になってください。


生活スタイルを変化させて綺麗にダイエットを続ける

魅力的な美しい体を手に入れるためには、いくつかのルールを守って生活をのバランスを取ることが基本です。古くから人間にあっている考え方は中庸の考え方と言われているだけあって、無理をしすぎたり逆に控えすぎたりなど半端な行動はせずに、バランスを整えていくことが体にも良いと言われています。世間では魅力的な美しい体を手に入れるためにダイエットに励んでいる若者がたくさんいます。

しかし無理なダイエットは精神的ダメージを受けるばかりか、突然の変化に体も驚いてしまって、逆に隊長を崩してしまうこともあります。頑張ってダイエットになど励まずとも、少し気軽な気持ちで日々の生活を見つめなおすことで、結果的にダイエットの効果を受けて恩威に預かることができるのです。

やりすぎないこと、例えば日々の食事を少しだけ減らしてみるなどです。食べ過ぎると胃腸に負担がかかって、体全体のパフォーマンスが低下するので結局痩せることは遠のいてしまいます。体の機能が低下するばかりか、取り過ぎてしまったカロリーはそのまま脂肪に直結してしまうのです。そこで腹八分目と言われるように、毎日の食事を控えめにすることです。無理は禁物ですから、ご飯一膳をお夕飯に食べていたならば、まずは一口二口を減らすといった小さなことから始めます。少しずつそういった習慣を身に付けていくと、最終的には大きな実りが得られます。毎日おやつを食べているならば、食べるおやつを厳選してみましょう。チョコレートやケーキなどの代わりに、ハチミツや黒砂糖などの自然界に存在するピュアなおやつをチョイスしていきます。

体の影響やダイエットのことを考えると、人間に手によって加工されたものよりも、自然界そのものに存在する純粋に近い食べ物おのほうが人間には合っているようです。食事をする時間も考えます。あまり夜遅い時間に食べると、体が痩せたいという信号を邪魔する可能性があります。就寝時間の数時間前までに食事を終えることで、脂肪燃焼を助けることにも繋がるのです。


少し太りぎみの身体をダイエットで痩せさせる

体重が気になり始めダイエットを始めるようになりました。もともとそれほど太くなかった体系でしたが、仕事と自宅の往復ばかりで、いつの間にやら肥えてしまってたというのが正直なところです。以前の体系に戻りたいことを望むようになったのは単純なことでしたが、ベルトが締まらないことからでした。これはちょっと恥ずかしいことでした。特にお気に入りの長年使っていたベルトだったので、それも相まって悲しくもなりました。

それでダイエットを始めることになったんですが、まず私が始めたのは運動です。これはもう単純明快なことですが、とにかく身体を動かすことで脂肪を燃焼させることを考えたんです。ですがこれが結構、体重を減らす結果に繋がってくれたので凄く嬉しかったことを覚えています。だけどこれだけでは少し厳しいところもあり、例えば身体を壊したり、筋肉痛になったり、走れないときもあったので、できるだけ自宅でも軽い運動を心がけるようにしてました。

次に注目したのは食生活、これもいままでなら御代わりしてましたが、そこを我慢することにしました。2ヶ月くらい私の場合は辛い時期でしたが、その後はまったく御代わりしたいとも思わなくなりました。また間食は絶対ダメだと思い、できるだけ口が寂しくなればスルメなどを食べるようにしていました。しかも一本をいつまでも食べている感じの食べ方をしていました。食べるときもゆっくりを基本にして食べるようにもしていました。

ダイエットを始めるのなら、まず運動と食事は大きな関係になってくるので、もしダイエットを考えるのなら、この2点をどう続けていくかを詳しく考えた方が良いんだなと思いました。もちろんどちらかひとつでもいいかもしれません。それは個人個人でできる範囲を決めて考えるといいと思います。私の場合は運動も昔から好きだったので、あまり抵抗感無く始められたのも今回のダイエットには大きな強みだったのかもしれません。


冬にダイエットするは辛いけども…

“冬は恐い季節です。美味しいものが多いので、ついつい食べ過ぎてしまうからです。カニ鍋、すき焼き、キムチ鍋など、鍋料理だけでも枚挙に暇がありません。しかも、『食べて良い』食事が多すぎます。忘年会、クリスマス、お正月、新年会と、おめでたいので食べるのを遠慮しているわけにはいかず、どうしてもどんどんと食べてしまいます。
冬もそろそろ終わりという頃になって、ようやく体重計に乗ります。それまでは恐くて乗れません。もちろん、そこまで乗らなければ増えずにすむということはないのですが、やはり避けてしまいます。二桁増えるなんてことはさすがにありませんが、それでも5キロも太ってしまったということはありました。

毎年お正月が終わってしまうのが辛いです。休みが終わってしまい、仕事が始まるからではありません(もちろん、その気持ちも少しはありますが)。ダイエットを始めないといけないからです。
冬にするのはなかなか厳しいものがあります。先ほども言いましたが、食べ物がおいしい季節なので、食事によるダイエットは厳しいです。好きなだけ食べていたじゃないかと言われたりします。しかし、だからこそ、その美味しさを思い出してしまい、苦しんでしまうのです。

運動によるダイエットも辛いものがあります。何せ冬なので、とても寒いです。ウォーキングのために外に出ても、汗をかくこともなく地獄を見るだけになります。体自体が硬くなってしまっているので、室内で運動するのもしんどいです。
いろいろと言ってはきましたが、それでも私はダイエットを頑張ります。太ってしまったということは、気持ちが緩んでしまっていたということです。ここで頑張らないのでは、どんどん太ってしまうと思うからです。
美味しい食べ物への未練を経って、質素な食事を心がけます。歩いても汗が出ないのであれば、ランニングに変えて汗を流します。そうすることで、冬が終わる頃には元の体重に戻すことができます。春になり薄着になる頃になって、「あんなに食べていたのに、太っていないね。」と言われるのが、私の冬のダイエットの楽しみです。”


1 2 3