2016年01月 一覧

咄嗟の口臭対策に便利なグッズが見つかります

どうしても人と会っている時に気になるのが身だしなみですが、その中でも特に気になるのが口臭があるかどうかです。特に他人の口臭に敏感な人は多いはずですが、自分自身の口の臭いにはなかなか気づかないもので、なるべくなら早急に口臭対策をしておくべきです。本来こういったものは根本的な解決方法が必要で、手っ取り早い応急処置できな口臭対策では、一時的なものなので長続きはしません。

しかし大事なデートだったり、仕事の打ち合わせなど必要なパターンもあるので、応急処置的な役割での一時期的な口臭対策も覚えておいて損はないはずです。人と会わなければならない時に、急いで予防できるのがスーパーやコンビニエンスストアで簡単に手に入るウーロン茶です。ウーロン茶には殺菌作用があるタンニンという栄養物質が含まれていて、このタンニンは口の中を一時的に殺菌してくれるので臭い対策になります。

本来こういった臭いの元というのは、細菌の繁殖によってできるものなので、ウーロン茶に含まれるタンニンで臭いの元となっている最近の繁殖を抑えることが口臭対策に繋がるのです。味の濃い目の中華料理や焼き肉屋などの脂が多い食事が取れるお店でもウーロン茶が置いてあることが多いですよね。そういったお店でも、ウーロン茶による体を整えてくれる働きを意識して置いてあります。スーパーコンビニで手軽に購入することのできるウーロン茶は、早急な口臭対策のお供にバッチリです。

また携帯しやすい臭いを予防できるグッズとしては、ミンティアやフリスクなどが人気です。100円程度でかなり持ちますし、何より周りに迷惑をかけずに簡単に食べることができますから咄嗟の時に便利です。ミンティアやフリスクを食べていると、いやな臭いをシャットアウトすることができます。ただこれらのグッズは、口臭の元を断つというよりは、口臭を一時期的に誤魔化すものですから、やはり大切なのは普段の食生活や運動習慣なので根元から解決していくのがベストです。


口臭に悩まされない日々を目指して

30歳を超え、体についていろんなことで悩まされるようになってきました。学生時代は運動部に所属していました。暴飲暴食は避けて食事に注意し、週に数回は運動を続けているので体力的な面ではそこまで気になっていません。気になるのはにおいの問題です。

枕のにおいをかぐと加齢臭がします。子供の頃、父の寝具をにおって臭いと感じていました。その時と同じにおいがします。あの時臭いと感じたにおいが自分にもすると知った時は、かなり悲しくなってしまいました。ただ、それ以上に困っていることがあります。口臭です。

歯磨きはしているのですが、年月の蓄積のせいなのか、口臭がかなりきつくなってしまっています。加齢臭はまだ香水で何とかなります。しかし、口臭はそうもいきません。毎度マスクしてるわけにもいかず、口臭対策は必須でした。
ということで、しばらく前から口臭対策を行っています。一言に口臭と言っても、原因は様々です。歯や舌の汚れ、口内環境、胃から来るにおいが原因となって発生していることもあります。そのどれかは分かりませんが、とりあえず歯と舌の対策から始めました。

歯磨きの回数をとりあえず増やすことにしました。食事の後はもちろんのこと、おやつを食べた後などでも行うようにしました。とにかく食べ物を食べたらすぐに行うようにしたのです。今では日に5回は歯を磨いています。
舌が白くなっていることがありますが、これは舌苔(ぜったい)というそうです。苔とはこけのことです。これは口臭の元であり、こびりついていると口臭が生まれてしまうそうです。ということで、舌苔を落とすことも始めました。歯ブラシでは舌が傷ついてしまうということで、専用のブラシを購入して行っています。

初めて今で3か月ほどになります。さすがにこれだけ口臭対策をすれば、以前に比べるとマシになってくれました。ただ、妻に聞くと完全になくなったとは言えないそうです。他の原因も考えつつ、これからも頑張って行きたいと思います。


口臭は自分では分からないので気になるものです。

他人の口臭は会話をすると分かりますが自分の口の中の臭いはなかなか分からないものです。分からないからこそ非常に気になってしまいます。
特に女性は男性以上に印象が悪くなってしまいます。可愛くて性格が良くてもこれだけで台無しになってしまうこともあります。しかし気にしている女性の多くは他人が思うほど臭いはしません。

それでも食事の内容や体調が悪い時には誰でも起こる可能性があります。これは人間である以上仕方ないことであり確りケアすることが大切です。
臭いの元が口の中なのか、それとも胃の中のものなのかにより対処法も変わってきます。胃が原因で口臭になっている人がうがいや歯磨きを必要以上に行っても改善されません。

胃の調子が悪い場合は胃薬を服用するなどして胃を治さないといけません。
口臭というと不潔というイメージを持つ人もいるでしょうが決してそのようなことはありません。虫歯や歯周病が原因で起こることもありますが最近急増しているのがドライマウスです。口の中が乾燥することによって様々な症状が出ます。ドライマウスが原因の場合は治療することで改善します。

ドライマウスは病院に行き治療をするのが一番ですが、時間がない時など自分でも対処療法を行うことができます。簡単にできるのは口の中が乾燥しないようにこまめに水分補給をすることです。これだけでもかなり違ってきますので実践してみてください。

口臭があると一番厄介なのは自分に自信が持てないことです。知人の女性もずっと口臭で悩んいて長年彼氏ができませんでした。彼女は昔から胃が弱くてそれが原因だったようですが確り治療することで自分に自信が持てるようになるとすぐに彼氏ができました。
私はその知人と何度も会話していますが嫌な臭いを感じたことは一度もありませんでした。

恐らく実際は大したことがないのに必要以上に気にしていたのでしょう。でも治療したことで自信が持てたのは良いことだと思います。
悩んでいるだけでは何も始まりません。治療やケアをすることで必ず改善します。1日も早く自分に自信が持てるように実行に移しましょう。


自宅で出来る口臭防止のための対策

口臭が気になっている方は、歯周病対策を行ってみると効果を感じることができます。口臭が酷いと、人会った時に、どのように思われるのか気になったりします。臭いが過度に気になってくると、人と話すときにも口を抑えてしまったり、大きな声で笑うことができなくなるでしょう。こんな悩みを感じている場合でも、歯周病対策を行うことで悩みを解決することができます。

口臭対策として、歯周病をケアすることができる歯磨き粉を使ってみると臭いに悩むことも少なくなってくるでしょう。歯磨き粉の中には、殺菌効果があったり抗炎症作用のあるものもあり、使うことで歯茎の状態を改善できるようになるのです。歯茎の腫れや膿みを改善することで、臭いだけではなく口のネバネバに悩まされることがなくなってくるでしょう。

また、対策法として、マウスウォッシュを使うことも効果的になってきます。マウスウォッシュを使うことで、口内の細菌を殺菌することができ、臭いを元から断ち切ることが可能になってきます。マウスウォッシュというと、辛いというイメージがありますが、ノンアルコールのものを購入することで、辛い思いをすることなく使っていくことができるのです。辛さを感じることがなければ、使った時にしっかりと口内に液を行き渡らせることができ、殺菌効果を得られるようになるでしょう。

口臭は、いつものケアで解消することができますが、基本は、細かい部分まで歯磨きを行うことが重要となってきます。歯磨きすることで、歯の細かい部分に付着してしまった汚れも、しっかりと落せるようになるのです。毎日細かく歯磨きすることで、歯石の付着を防止できるようになり、爽やかな息を維持することができるでしょう。歯磨きするときにはブラシを使うだけではなく、専用のフロスを使ってケアすることで、歯の間の汚れも綺麗に取り除くことができます。歯ブラシだけではなく、色々なアイテムを使ってケアを実行してみるとよいでしょう。


しっかりした歯磨き、そして食べるものに注意して口臭対策する

口の臭い人は人に嫌われます。一緒にいたいとは思いませんし、会話をすることでその人が口を開けることによる臭いは最悪なのです。しかもその人と会話をしてつばが自分の顔に飛んできたとなればもう一緒にいることがはできなくなるのです。学生たちの間では口臭が原因でいじめに遭ってしまうことも少なくありません。いずれにしても他の人にとってよくないことなので口の臭いに関しては敏感であり、もし自分の口が臭いということであれば、対策をすることはとても大切なことなのです。

口臭の問題を抱えているのであれば、まずできることは歯磨きです。1日1回磨けばそれでいいとは考えないようにします。できるならばいつも歯ブラシを持参して、食事をした後にはすぐに歯を磨く習慣をつけます。その際には歯だけを磨くのではなく歯ぐきや舌なども磨くようにして徹底的に臭いになるようなところを落とすようにすることができます。

そのようにすることで口の中が気持ちよくなりますし、周囲の人にも自分が気にしているということをアピールすることになるのです。歯磨き粉はできるだけミント系で香りの良いものを選ぶことができるでしょう。とはいえ、どうしても出先であり、食事の場所が歯磨きのできないところということもありますので、そのようなときにはお口エチケットとしてのガムなどを噛むようにできます。

それから口臭予防として、できるだけ臭いもの、臭うものを避ける食事にすることができます。にんにくはとてもおいしいですが、においがきついので嫌がられますし、魚も臭いが気になることがあります。外出前にそのようなものを食べることで臭いを発するとしたらそれはあまりよいものではありません。

食べるものに気をつけてできるだけヘルシーな野菜料理を中心に食べることは口臭の予防にも効果的です。それでできることから始めていき、少しでもその臭いが収まるように努力していくことができますし、信頼できる友人に自分の口の臭いがどうかを尋ねることができるかもしれません。


口臭を根本的に解決する方法とは

口臭は自分でなかなか気づきにくいこともありますし、仮に友人や知人が臭いを発していてもそれを指摘することにはためらいがあることから、かなり強烈な臭いをさせてしまうまでほとんど気が付かないこともあります。

口臭の原因としては食べ物や煙草やアルコールが主たる原因となるものと、口腔や内臓のトラブルが原因の場合がありますが、より問題となるのは後者の方です。ただ、それでも原因として多いのは内臓のトラブルの場合はあまりなく、口腔内のトラブルの虫歯と歯周病が圧倒的と言っていいのです。まずケアをすべきは口腔内のトラブルです。

なので、口臭があると感じたらまず疑ってみるのが虫歯あるかどうか、歯周病になっていないかどうかを確認する必要があります。逆な言い方をすれば予防という観点からは虫歯と歯周病にならないようにすることが最も重要であると言えます。

虫歯や歯周病になっていると感じたならば医療機関の受診することが必要です。虫歯が勝手に治るということはありえませんし、歯周病ならば本格的に治療が必要な場合も多いです。特に口腔からの臭いが気になる場合には医療機関でも口臭の治療に力を入れている医療機関を選べばなおよい場合が多いでしょう。そのあたりはインターネットでサイトを確認することによって容易に選ぶことが可能です。

虫歯ではなく歯周病だけであり、その歯周病があまりひどくない場合にはしっかりしたブラッシングをすることによって臭いが改善することがあります。ブラッシングだけで改善させるためには時間がかかることは覚悟しなければなりませんが、長く続けていれば改善していくことは間違いありません。

しかしその場合にも医療機関にかかることは無駄ではありません。歯周病や口臭の原因となる歯垢をとってくれるからです。いくらしっかりしたブラッシングをしていても歯垢を完全に除去するのは難しくその場合にはプロのメンテナンスが必要となるからです。


息子から言われた一言にショックを受けた出来事です

実は私、人生を30年以上経過するまで深く口臭について考えたことがありませんでした。というよりも自分には口臭は無いものと思って生きてきましたので、日常の歯磨きをやるくらいで他は特に何かをするということは無かったんですよね。

でもそれによって何か不利益を被ったということもありませんでしたし、私としてはそういうものだと思っていたんです。しかし、私の脳天をズガンと打ち抜くような一言を、私の世界で最も愛する息子から言われた時は息が止まるかと思ったのを覚えています。

あれは息子が幼稚園に上がる前でしたので、確か3歳か4歳の頃だったと思います。わんぱく盛りだった息子は、部屋を散らかしたり言うことを聞かなかったりと散々な生活態度を取っていました。

親としてこれを看過することは当然できませんので、その都度きつく叱ったりはしていました。しかし可愛さの方が勝ってしまい、親失格とは思いますが雷を落とすまでは出来なかったんですよね。今思えば、叱っていたというよりは注意をしていた程度だったと思います。

しかしこうした生活をしばらく続けていた時のことです。姉一家が久々に我が家に遊びに来るということで、私は家の中を熱心に掃除していました。その矢先、息子が部屋中におもちゃをばら撒き始めたのです。後から聞いたところ、いとこが遊びに来るということで一緒に遊べるようにおもちゃをばら撒いていたとのことでしたが、当時はそんなことは知りません。

せっかく掃除をしたのに散らかしていく息子を見て、姉一家が遊びに来る時間まで僅かしかない焦りから始めて息子に雷を落としました。
初めて落とされた雷によって息子は大泣きをしてしまったのですが、その瞬間に後悔の念と仏心の出てしまった私。息子を抱きしめながら、きちんと怒った理由を説明しフォローをしたのです。

そんな私の様子に安堵したのか、息子は泣き止み謝ってきたのです。普通であればこれで一件落着なのですが、次の瞬間息子からの一言が。
「ママ、お口臭いよ」
ショックでした。仕返しから言っているわけではないことは一目瞭然だったからです。その日以来、私は自分の口臭に気を付けるようにしました。


歯間ブラシは非常に有効な手段です

以前、ある時期に自分の口臭が気になったことがあります。特に周りから指摘されるようなことはなく、会話中にいやな顔をされるというようなこともありません。ですが、時折明らかに自分の口元からニオイが発散される瞬間があるのです。自分なりに原因を考えてみましたが、ニンニクのような口臭の原因となるような食べ物は食べていないません。また、口臭の原因としてよく言われるような胃腸の調子の悪さも、特に感じられません。なのに時折匂うのです。

そんな悩みを抱えながら生活していたある日のこと。とある雑誌で、「口臭の原因として歯そのもののニオイが挙げられる」的な記述をを見かけました。記載されている特徴を見てみても何から何まで自分に当てはまっており、これはもう間違いないと確信しました。とはいえ、歯磨きは毎食後しっかりと磨いているつもりで、この時点ではまだ半信半疑だったかもしれません。

しかしちょっと待ってください。よくよく考えてみると、歯の表面に関してはしっかりと磨いていたつもりでも、歯と歯の間はそれほど磨けていないのかもしれません。そこで、歯間ブラシを購入し、使用してみたところ、これに抜群の効果があったのです。

まず、歯間ブラシを使用してみると、思っている以上に、食べ物のカスが残っていることに驚かされます(というかショックです)。しかも、普段刺激していないせいか、出血が止まらないのです。いかに磨けていないかをまざまざと実感させられ、なんだかテンションが下がってしまいました。そして、歯間ブラシをかけた後にブラシの部分を匂って見た時についに、匂いの元にたどり着いたのです。今まで時折匂っていたあの口臭そのものがブラシから発せられていて、犯人を暴いた名探偵になったかのような瞬間でした。

以来、定期的に歯間ブラシをかけるようにし、また歯医者さんにも通うようになったことで、悩みからは完全に開放されました。かけがえのない大切な歯ですから、ちょっとした変化も見逃さないよう、日ごろからメンテナンスをしておく必要性に気づかされた、今となっては良い体験です。


口の臭いは解決できる手段がたくさんあります 

口臭は、女性にとって辛く、悩みのもとになりがちです。でも、口臭は治療や生活習慣の改善や、その他の努力次第でも改善することができます。口の臭いの原因は、人によっていろいろなものがあります。例えば、虫歯も口の臭いがする原因です。虫歯があることで口臭が漂うということがあるからです。虫歯を治療する、あるいは抜歯するということから、臭いがなくなるということもあります。

歯科治療分野で口の臭いが改善されるケースが、非常に多いです。歯科領域が原因ではなかったときは、口臭外来の診察を受けることでも、一気に改善することもあります。例えば、胃がが悪くなっていて、それが原因で口から臭いが出ているかのように感じることもあるからです。その他にも何らかの病で、口の臭いがするということがあります。どこからきているのか、原因を突き止めることができる診療科です。原因が分かったら治療もできるので、根本的な改善ができます。

虫歯に関しては、親知らずが口の悪臭のもとだった、ということも多いです。親知らずが斜めに生えてしまって、抜歯をするのに、縫合と抜糸が必要になる、という方向になるとためらってしまい、そのまま長年放置してしまう人も多いです。こういった状態が長年続くと、斜めに生えているため、虫歯が促進されやすい環境が整っているので、あっという間に酷い虫歯になってしまいます。そうすると、臭いの原因となるので、早めの抜糸治療をした方がいいでしょう。

舌苔も口臭の原因とされています。舌に付着している苔状の垢のようなものです。悪臭の元とされているので舌苔のケア用品も、かなり売れています。舌苔専用タブレットや、舌苔専用ブラシもあります。舌苔専用ブラシは、歯磨きと違い、ブラシが非常に繊細で柔らかいので、舌を痛めずに優しく汚れを落とすことができるので、臭いも取ることができます。

舌苔は、舌癌の原因にもなりうるという研究結果が、岡山大学でされました。舌苔から、アセトアルデヒド濃度というものが高まり、それが舌癌の原因になるリスクが上がるということです。舌苔ケアをすれば、癌のリスクも下がり口の臭いも取れます。


口臭の原因はタバコから歯周病になって悪化する

口臭は本当に自分だけではなく、他人をも不快にしますね。自分では気が付かないかもしれませんが、人が嗅げば「酷いな」と思う口臭が実に多いのです。

そんな酷い臭いは、実は歯磨きがしっかりとしていないということが原因でもあるのです。きちんと歯磨きをしていれば、そんなに臭いが酷くなることもありません。

と言うのも、歯磨きは歯の表面に付いた汚れをしっかりと取り除くことができるからです。普通にブラッシングしていれば、酷くなりませんね。ただ、タバコを吸う人では、普通に磨いていてもなかなか汚れが取り難くなるのです。

口臭の原因にこのタバコがあるのですが、歯にタバコのヤニが付いてしまいます。そのヤニを放っておくことで、悪臭の原因ともなってしまうのです。タバコは口の中のコンディションを悪化させ、結果、歯周病になりやすくします。

その歯周病になることで、よりその臭いが酷さを増します。その歯周病は歯肉炎などが原因でなるのですが、歯茎を腐らせてしまうのが原因でもあります。その臭いが酷く、酷い臭いとなって口から出てくるわけです。鼻をツマみたくなるほどのその臭いは、やはりクリニックで治療をしなければ改善できません。

クリニックで定期的に歯の検査をして、汚れをきちんと取り除いてもらうのがポイントです。なかなか歯周ポケットに入り込んだ汚れは取り除けず、結果、歯石となって付着してしまいます。

その歯石もまた臭いの原因となるんです。歯周病をより悪化させることにもなります。

今ではきちんとしたクリーニングマシーンも売っていますから、定期的に自分で口の中を掃除するのが大切ですね。

水でシューッと歯茎を傷めずに奥の汚れを取り除けるマシーンや、毛先がとっても細い歯ブラシも売っています。歯周病を防ぐ歯磨き粉も色々と売っているので、それを使うのも良い方法ですね。ちょっと値段は高いですが、歯周病になって歯が抜けてしまうよりはいいですよね。

クリーンな口になり、ますます人から好かれる人になりたいですね。


1 2 3